Forests in the Czech Republic

Mionší Forest
7. 11. 2013

原生林:狭い小道と遊歩道、それに原始地域での体験!

チェコの原生林では怖がることはありません!ヤシやエキゾチックな木々の代わりに、ここでは、トウヒ、もみの木、ブナの木、楓、楡の木が生い茂り、野生の肉食動物ではなく、山脈の草地や森林に住むよく知られた地元住民に出会えます。そしてなんといっても千年前の中世ヨーロッパの森林の様子のイメージをまさにつかみ取ることができるのです。

最も有名な:ボウビーンの原生林

シュマヴァ南東の麓にあるのがボウビーン山脈です。森林の中核は奥深い森林の境界線ともいわれる広大なシュマヴァの原森林が最も残存している場所です。トウヒやモミやブナの木や楓の中には300年から400年は古いものもあるといわれていますが、原生林としては1858年に登録されました。

見逃してはならないもの:原生林の周囲は、自然遊歩道が整備されています。ボウビーンの山頂には壮麗な周囲の自然を見渡せる展望台があります。

最古の:ジョフィーンスキー原生林とホイナー・ヴォダ

ヨーロッパで最初の自然保護区域、ホイノヴォドスキー、ジョフィンスキー原生林は、チェコの南部ノヴォフラドスケー山脈にあります。1838年にはすでにノヴォフラドスケーの所有者、支配者で伯爵のイージー・オウガスト・ブクォイが創設していました。ジョルフィーンスキーの原生林はシュマヴァのボウビーンと同様、周囲はフェンスで囲まれていますが、それより規模の小さい原生林ホイナー・ヴォダは立ち入りが自由です。

見逃してはならないもの:ジョルフィーンスキー原生林から少し離れたところに、ペンションとレストランのある狩猟城館ジョフィーンがあります。ここは疲れた旅行者全てに人気のある場所です。

最も遠方にある:ミオンシー原生林

チェコとポーランドの国境付近の奥深い森林では、6月から9月までミオンシー原生林に入ることができます。最も広大な自然のブナと楓が生息している複合地帯は、現存する唯一の混合ベスキディ原生林です。原生林には、ドルニー・ロムナーの集落から急勾配の登りの道が整備され、その周辺や一部には原生林そのものに遊歩道が整備されています。

見逃してはならないもの:小道は狭い狩猟用の道を通るので、子供のベビーカーや、体を動かすことに障害のある人には適しません。

最も標高が高い:クルコノシェのドヴォルスキー森林

人間が森と出会う前、クルコノシェの森林はどのようだったのでしょうか?これをドヴォルスキー森林で確かめることができます。リーホリ山頂(標高1 ,033 m )にある古いブナの森林で、強風と厳しい山の気候によって形成されました。原生林にはリホルスカー・ボウダから遊歩道が整備されています。

見逃してはならないもの:原生林には多数の整備された道が通っています、お勧めはホルニー・マルショヴかジャツレージュから入ることです。

最も神秘的:山の原生林ラズラ

広大とは言えず、遠くからは周囲の古くて大きい原生林ほど有名ではないのが、モミとブナの混合原生林で峡谷マーラー・ハンズルーフカの端にあるヤヴォルニーキに広がっています。ここにはヴェルケー・カルロヴィツェにあるレスコヴァー集落から道がでていて、直接原生林やその周辺に入れますが、歩道はありません。

見逃してはならないこと:原生林の名前は、近隣のスキー場から借りたものです。

最も険しい:体験ルート、ダッチ原生林

シュマヴァを訪れる方にちょっとした体験ともなるルートの一つが、プレシュニー湖のダムからスタートし、数メートル高い湖の堤防の高さにある作家A.スティフェラの記念碑までいくものです。小道を通れば、あなたも昔の人々が知っていたような様相と同じ山を見ることができます。それほど距離はありませんが、行き先によっては、急勾配で困難な上り下りがあります。

見逃してはならないもの:小道はチェコのシュマヴァ地域の最高頂プレヒー山脈(1,378 m)の丘をジグザグに通っています。

お気に入り