チェコのお城で鷹狩文化を体験

29. 7. 2014

チェコのお城で鷹狩文化の精髄に触れる

チェコ共和国では堂々四件の伝統行事がユネスコの無形文化遺産に登録されています。モラヴィア=スロヴァキア地方の「新兵の踊り」ヴルチュノフの「王様騎行」およびフリンスコ地方の謝肉祭の仮装行列と並ぶ無形文化遺産が、古代から続く猛禽を使った狩猟文化なのです。鷹狩実演会の際には、この気高い動物があなたの手に止まる時のご気分や意思疎通の難しさも実際にご体験になれます。チェコ共和国の国内各地を旅行なさると、鷹狩文化に触れる機会には事欠きません。

チェコにおける鷹狩の歴史は何百年も昔まで遡ります。長い歴史の中で鷹狩は盛衰を繰り返しましたが、鷹狩の真髄と魅力は変わらぬまま今日にいたっています。現在、スィフロフ城、トチュニーク城、チェスキー・シュテルンベルク城、コスト城、ドブジーシュ城、オフラダ城、クジヴォクラート城など、ボヘミア地方やモラヴィア地方にある多くの城館や城郭の中庭で鷹狩の実演をご覧になれます。お城の中庭での実演の際には、凛とした鳥たちと鷹匠との特別な絆を見て取ることができます。チェコの珠玉の建築文化財を舞台に繰り広げられるハヤブサと獲物の動物との息を呑む戦いもご見学になれます。

お気に入り