Entrance to the Czech Republic and tariff quotas

Entrance to the Czech Republic
22. 7. 2013

チェコ共和国への入国、査証

チェコ共和国は欧州連合加盟国です。

欧州連合(EU加盟国、アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュテイン、そしてスイスの国民は、チェコ共和国への入国の際、旅券またはその他の身分証明書が必要となります。入国に他の許可等は必要ありません。ただし、3ヶ月以上の滞在の場合は報告義務が発生します。所轄の外国人警察に滞在の事実を報告する必要があります。

査証相互免除国の国民は旅券だけで十分です。査証相互免除国の一覧はこちらです。

その他の国からの訪問者がチェコ共和国に入国する際、査証(ビザ)が必要になることがあります。チェコ共和国への入国に査証が必要な国の一覧はこちらに掲載されています。

チェコへ動物を持ち込む際の必要事項

チェコへの犬、猫およびフェレットの持ち込みに関する規則は以下の通りです。

  • 獣医により発行されたEU加盟国全域で有効な小動物用国際パスポートの携行。
  • パスポートの発行条件はマイクロチップやタトゥー(識別可能なもの)による個体識別です。2011年以後はマイクロチップによる個体識別が義務付けられています。
  • 動物は欧州連合の法令に従い狂犬病のワクチン接種を受けなければなりません。最初のワクチン接種は生後3カ月以降に行われなければなりません。

通関制限

チェコは欧州連合への加入日をもって国境における通関手続を廃止しましたが、EU域外国との国境では通関手続が行われています。国際飛行場で検査が行われているのはそのためです。

関税、付加価値税または消費税の免税は、時宜的に個人用として輸入された品目に限り適用されます。

チェコ共和国に輸入できる品目と数量についての情報、ならびに関税、付加価値税および消費税の免税がある品目の一覧はこちらです。

お気に入り