キュビズムとロンドキュビズム

House of the Black Madonna
2. 10. 2013

建築のキュビズム-チェコの,特別な、新しいそして新鮮である純粋さ

芸術分野でのキュビズムは、ピカソやバラックといったような主流芸術家のアトリエで見られますが、建築分野のキュビズムは、世界でもチェコ共和国が特別です。チェコはおそらくキュビズムが具体的な建造物の形に表現された場所として、世界でも唯一と言えます。光と影の唯一無二の戯れを探してみませんか!

黒い聖母の家への旅

チェコキュビズム、特に20世紀前半の中欧ヨーロッパの芸術のデザインに用いられた芸術スタイルは、プラハ建築においてユニークに表現されています。その本物の宝石とも言えるのが、プラハツェレトナーオヴォツニー・トゥルフ の角にある黒い聖母の家 で、1911年から1192年にかけて建築家J.ゴチャールが作成しました。建物はファサードが特別であるだけでなくキュビズムの平面図や特に内装へのキュビズムの大々的な適応が素晴らしいものとなっています。建物のファーストフロア(日本では1階)にあるグランドオリエントカフェは、建築家ゴチャールがデザインし、多数の精錬された要素をバーやシャンデリアまたランタンに組み込み、これも是非ご覧になることをお勧めします。キュビズムは同時にラーズニェ・ボフダネチにあるゴチャール・パヴィリオンでも見られます。

キュビズムは完成しなかった

第一次大戦後、キュビズムに新しい芸術スタイルが誕生しました:それがロンドリズムです。プラハのナ・ポジーチー通りにあるかつてのチェコスロヴァキア銀行の建物が その素晴らしい例です。そのオリジナルの質素な幾何学のエッジやキューブやピラミッドは、国家的なスロバキア伝統の精神にいわゆる小さな半円と円を付け加えました。 ロンドリズムは産業建築にも多数適用されました。

キュビズムのギャラリーと博物館

キュビズムをもっと知りたい方は、20世紀と20世紀の芸術を扱ったプラハのヴェレトゥルジュニー宮殿にあるナショナルギャラリーの常時展示にいらしてください。20世紀初期の雰囲気を味わいたい方には、正真正銘の場所としてヨゼフ・ゴチャールの美術館キュビズムデザインギャラリーをご覧いただけるリボドジツェのキュビスト・バウアー大邸宅をお勧めします。

お気に入り