古典と帝国様式

Kynžvart Chateau
13. 2. 2014

対称性。単純で混じりけのない直線。古風な模様。美しさ、調和、理想。これら全てが古典と帝国様式です。

イマジネーションの世界へ、理想を求める永遠の探求に足を運んでください! 我々の先祖は古典帝国主義の時代にそれを発見しました。真っ向で単純なスタイルは、厳格な対称性を受け入れ、不安定な丸みを持つバロックとはまさに真っ向から反対しました。都市生活や新しく登場した演劇や温泉の建造物にも見ることができます。

古代世界を回想するシャトー

調和、精錬された美とギリシアとロマンの古代デザインの使用-これらが帝国様式と古典様式の統合された要素です。あまりにも簡素で厳格だと思われますか? クトナー・ホラの近くにあるカチナの城館を訪れればそうではないことがおわかりでしょう!壮大で広大な最高に美しいチェコのエンパイアスタイルの城館は、半円227m以上の敷地にそびえていて、主要な建物には、柱列とパビリオンを持つ2対になったウイングが連結しています。類似する着想は建築にも見られます。例えばキンジュヴァルトの城館は、ウィーンスタイルのクラシック邸宅で、有名な首相メッテルニフの希望により建てられました。館内では有名な好奇心のクロゼットや、池の点在する庭園、新ゴシックのチャペル、素晴らしい景色を約束する展望台や多数の彫刻をご覧頂けゴルフも楽しむことができます。

定規でデザインされたかのようなヨーロッパ庭園と都市

古典様式はその後まもなく都市建築の主流になり、その結果当時のある都市や地域は、統一された様相や特徴を持っています。プラハのスタヴォブスケー劇場やクラシック建築の影響と白と黄色の配色により古い温泉リゾート地の魅惑とムードが味わえるフランチシュコヴィ・ラーズニェは注目に値します!一風変わったムードは、テレジーンの都市、また類似した設計により規則的に配された通りや広場のあるヨゼフォフで味わえます。ヨーロッパ庭園小さいロマンチックな建物で埋め尽くされたレドニツェ-ヴァルティツェ地域は、お勧めの観光スポットです。

お気に入り