Castles and chateaux open all year

Prague Castle
14. 10. 2013

全ての城や城館が冬期の間に閉鎖されている休館しているわけではありません!シーズンオフにも開館している場所をお教えします。

壮大なプラハ城、ゴシック様式ののカルルシュタイン城や新ゴシック様式のフルボカーの城館はもう何年も夏期でも冬期でも訪れることができる場所です-観光客はここヘ一年中訪れることができるのです。それほど有名ではないけれども同じような場所は、他にもあります。どこにあるかご紹介しましょう!

威厳があり歴史的価値のある:王族の城

かつての貴族の狩猟城クリヴォクラトを訪れることができます。観光シーズン以外にも毎週末、ゴシック様式宮殿の内部や外壁、城のバルコニーや城塔をご覧いただけます。お城では、例えばアドベントの時期(クリスマス前)など、年中多数のイベントが行われます。

一年中楽しんだり何か学んだりできる場所は、カルロヴィ・ヴァリの近くにある中世の城ロケトです。ここではチェコ陶磁器のコレクション実際の拷問の実演を見せてくれる拷問部屋、それに当時のインテリアをご覧になれます。天守閣からは、鳥になった気分で絵に描かれたような城や町を一望できます。また城のレストランで昔のチェコの特別料理を味わうこともできます。

ロマンチックと娯楽:城館と城館庭園

一年を通して(それも月曜日を除き毎日)、フランスのロハン家の邸宅として使用されていた壮大な新ゴシック様式のの城館シホフが一般公開されています。そこでは19世紀後半の田舎に住んでいた富豪貴族家族の生活をご覧いただけます。それにシホフでは多数のイベントが開催されます;ナイトツアーやコンサート、また鷹狩りの展示人気のスコットゲームなどです。

月曜を含む毎日、デチーン城では個人邸宅風格あるインテリアが一般公開されます。中でも特に目を見張るのが、保存の優れた壁画を飾った青の広間や素晴らしいラベ渓谷を一望できる塔の形の小部屋です。修復された聖ジョージの城館教会もも見学でき、またバロック様式のサラ・テラナやバロック彫刻で装飾されたバラの庭園をご覧できます。

公開している場所は、プラハから車で1時間ほどのところにあるロウチェニェ城にもあります。王や王妃と一緒に、城館のガイドやもしくは白い婦人と一緒に城館を見学できます。歴史あるイギリス庭園では娯楽を満喫していただけます;真にヨーロッパの希少性を代表する11の娯楽迷路や迷宮です。その他にもピクニックがてら公園で一息つくこともできます。-ピクニックバスケットやブランケットは、予約すれば、城館の食堂に用意してくれます。

教訓とインスピレーション:城館とお城の博物館

忘れてはならないのは、博物館展示を行っている城や城館です。例えばジュダール・ナド・サーザヴォウの城館、ギャラリーや本の歴史、書籍や本の文化を扱った本の博物館があります。モラヴァ都市、芸術や建築の歴史を扱った7つの常時展示は、ブルノシュピルベルク城で鑑賞できます。最大の目玉は、なんといっても刑務所の展示を取り扱った地下の砲郭です。オストラヴァの歴史をお知りになりたい方には、スレスコ・オストラヴァ城の見学をお勧めします。レドニツェ城館にある新ゴシックの温室のエキゾチックな植物のコレクションもきっと楽しめるでしょう;それだけでなく、冬期には暖かいクルーズボートに乗ってレドニツェ-ヴァルティツェ地域を鑑賞周遊することもできます。

お気に入り