The architecture of Jože Plečnik

Church of the Most Sacred Heart of Our Lord
3. 10. 2013

特別な時代に存在した並外れて優秀な人物-これこそプラハ城の建築家ヨジェ・プレチニックです。

1918年独立国家チェコ・スロヴァキアが誕生して、プラハ城は大統領の邸宅となりました。その最初の人物トマーシュ・ガリーグ・マサリクは、城の修復をスロヴァキア建築とアーバニストの建築家ヨジェ・プレチニック(1872-1957)に託し、彼はプラハ城の構築に1934年まで携わりました。

大統領の顧問建築家

「この城やその周辺から素晴らしい歴史的史跡が誕生するかも知れない。そしてあなた以外にこの使命をやり遂げる事のできる人はいない」とマサリクは当時装飾建築の教授として芸術産業大学で働いていたプレチニックに手紙を書いています。この共同製作はプラハ城の内装と外装の修復に多大に貢献しました。プレチニックの作品としては、スペインの間の入り口にある銅の天井を持つ多柱式建築のホール、第三の庭園のあるサウスガーデンにつながる雄牛の階段聖ヴィート大聖堂の近くにある18mの高さの花こう岩のオベリスクがあります。新旧を連結させたプレチニックの天才的な感覚は、城周辺庭園大統領邸宅そしてラーニの夏の別荘の修復にも貢献しました。

船のような教会

プレチニックはとても熱心な信教者でした;おそらく聖なる建物をデザインすることができる最高の一人だったかも知れません。注目に値する作品は、ヴィノフラディにある、古代エジプトの神秘的な建物を連想させるプラハ最も美しいモダンな教会イエス・キリストの最も神聖な心臓の教会です。銅の円屋根と十字架のついた幅広い、高さ42mの鐘楼は、プラハ城から見ることができるプラハの街のパノラマの一部です。

プレチニックの専門的技能は、そのイデオロギーの基盤をノアの方舟としたオリジナルの教会内装にに明確に見られます。白いシュマヴァの大理石で造られた主要の祭壇の上には、6人のチェコの聖人に見守られた象徴的な心臓で表された宙に舞う金色のキリストの体が見られます。鐘楼の上に掲げられた白いランプも注目に値します。

お気に入り